カスタム検索

2012年6月27日水曜日

業界の流れがよくわからん・・・

昨日、今日と珍しく建材メーカーの営業マンが3社来た。

最近、もっぱらリフォームばかりであまり新築をしてないけど、

世の中もそうなのか、リフォーム対応商品が増えてる。


正直、ここ数年建材メーカーの商品にあまり興味がなく、

極力使わないようにしてた。

建具は、建物にあった物を地元の建具屋さんに作ってもらい、

床は無垢材を使用、

壁は珪藻土や漆喰を塗って、

天井は杉板等を貼ってた。

それは、リフォームも新築も同じ。


世の中も 自然派、地産地消的な方向なのかなと思ってた。

ウチがその方向でやってただけなのかもしれないけど...

ただ、メーカーの営業マンと話すと、

”今度 ヴェトナムに工場建てます”

”ほとんどのドアは中国です”

コストの問題だけど、

どうなんだろうな。

政府の考え方とは全く違う方向でメーカーは動いているのは確かだし、

利益を考えるとそうならざるを得ないのも分かる気がする。

自動車、機械、アパレル国レベルの差別化は少なく、

コストパフォーマンスの良い商品が売れる商品。

だから、海外生産、海外消費が当たり前になるし、

そうしないと国際化からとりのこされる。


でも、住宅(大手ゼネコンは別ですよ)は、その国の文化、風土

の上での産業であり、

今までは、日本住宅メーカーが海外に進出して成功してる例はあまり聞かない。


よくわからんな~

まあ、当面は目先のことだけ考えてようかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

This Day in History

このガジェットでエラーが発生しました