カスタム検索

2012年4月18日水曜日

読了:日本人の誇り



この本自分が日本人であることに誇りが持てる内容だった。

本の評価は人それぞれで、

良くも悪くもその人の人生背景が、本の評価に対しては色濃く影響しており、

個人的に、この本を読み終わった後、

日本の今の政治、若者に対して特にしっかりしろ!!

と思うと同時に、もっとぼく自身も和を大切に生きて行こうとも考えさせられた。


話はそれるが、この作者の本は自身も面白いが、

それ以上に作者の 父である、新田次郎の以前からのファンであり、

山系ノンフィクションシリーズにはどれも少なからず影響を受けたと思う。


親子揃って、人を引き付ける本を書くなんて凄いな~






0 件のコメント:

コメントを投稿

This Day in History

このガジェットでエラーが発生しました