カスタム検索

2012年1月6日金曜日

今年は例年より雪が多いらしい

なんかで言ってたけど、

今年の冬の累積積雪量は和田山で90cmくらい。

例年の1.5倍くらいらしい。

そんなに降ってる気はしないんだけどね。

さて、例年雪が降ると考えるのは、

但馬南部では屋根の雪止めはあったほうが良いのか、無くてもよいのか。

但馬地方では 雪止め設置は常識になってるけど、ほんとにいるんだろうか。

そして、何のために雪止めがあるんだろうか。

町の住宅街みたいに、隣の敷地ギリギリに建物が建っていたら、

自分の家の屋根に積もった雪が、他人の敷地に落ちること、

また、運悪くその際に何かを潰してしまったら面倒な話だ。

でも、田舎だとそんなに隣近所と近づいてもいない。

雪が落下してくる場所には予め物を置かないでいれば、

雪止めが無いほうが、家の為にも良いような気がするのは僕だけだろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

This Day in History

このガジェットでエラーが発生しました