カスタム検索

2011年3月18日金曜日

道路工事の際の交通誘導員の責任とは

家の近くで道路・舗装工事が行われている。

年度末、工期間際、昨日の大雪

作業している人は大変だ。

周辺住民への対応もおなざりになりがちだろう。

同業者として、理解出来なくもない。

今回は、工事自体の事ではなく、それにかかる交通誘導員のケース。

この人達も、寒い中24時間、何交代かは分からないが、大変だと思う。

ただ、あまりにひどい。

1 : 停止線のところに立っているが、その横においてる椅子で寝てた。

2 : 旗、ライトセーバーみたいなの、を振ってくれるがSTOP か Goかわからない

3 : 衝撃の一言。片側通行で正面衝突しそうになった時、“ あー?! しーらない”!!


事故を起こしたときの責任ってどちらにあるのだろう。

私の結論

誘導員を信じない!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

This Day in History

このガジェットでエラーが発生しました